小児科について

小児科ではどんなことをするの?


当院の小児科では小児科専門医(指導医)として、
発熱をはじめ、咳、腹痛、嘔吐、下痢などの小児科診療全般を行っております。

小児科医は子どもの体のスペシャリストです。
目が赤いけど、どうしたらいいの?
耳を痛がるけど、どこに行けばいいの?
おむつかぶれがひどいけど、どうしたらいいの?
眼、耳、皮膚などのトラブルでも、まずはご相談ください。
子どもの体調不良で悩んだ時には、当院で対応いたします。
他科での対応が必要な時には、適切な病院を紹介しますので、ご安心ください。
目の前の患者さんにとって適切な医療を受けられる場所を紹介するのも、
かかりつけ医の大切な役割です。

また、アレルギーのことや、育児の不安などについても
気になることがありましたら一度ご相談ください。
ママの不安を解消することも、小児科医の大切な役割です。


子育ての不安は誰に相談したらいい?


子どもが健やかに成長していくのは、親としてこんなに嬉しいことはありません。
初めて寝返りを打った日。
離乳食を喜んで食べてくれた時。
初めて掴まり立ちをした日。
一日がとても大切で尊い時間に感じます。

子どもが熱を出して真っ赤な顔をして寝込んでいるときは
居ても立っても居られない気持ちになります。
いつもは元気だからこそ、
ぐったりしていると、このままでいいのか、不安になると思います。

また、大切な我が子だからこそ、悩んでしまうこともあります。
離乳食を食べてくれないけど、大丈夫?
好き嫌いが多いけど、このままでいいのだろうか?
ほかの子に比べて、言葉が少ない気がする、、、。
考えれば考えるほど、不安になってしまいます。

そんなときには、誰かに相談したくなります。
相談相手は、
旦那様であったり、
親だったり、
ママ友だったり、
学校の先生だったり、様々です。

しかし、近しい相手だからこそ、相談しにくいこともあるかと思います。
ささいな悩みだと感じて、相談をためらう場合もあるかもしれません。
また、悩みの内容によっては、誰に相談したらよいか、わからないこともあります。

そんな場合、小児科医に相談するのもいいと思います。
病気の症状以外で小児科の先生に相談するのは何だか気がひける、という方もいらっしゃいます。
小児科医師の多くは子どもが大好きで、その情熱で医師を目指した人が多いです。

子どもが健やかに成長することは、小児科医にとって何よりの喜びです。
なにか持病があったとしても、しっかりコントロールすることで、
その子らしく生きることが可能です。
お子さんが心も体も健やかに成長できるよう、サポートをします。
そして、大きくなったら自分で持病をコントロールして、
やりたいことが思いっきりできるよう、お手伝いします。

当院では、カウンセラーでもある内科医と小児科医が連携して、
お母さんとお子さんがともに健やかに過ごせるよう、対応しています。
小児科医と内科医とで情報共有し、話し合い、
それぞれの立場から意見を出し合い、
悩みを解放するにはどうしたらいいのか、一緒に考えています。

お子さんにとって、ママが元気でいることが、何よりの幸せです。
ママが悩みから解放され、イキイキすることで、お子さんが元気になることもあります。
ママもお子さんも、ともにハッピーになれるお手伝いをします。


子どもの病気っておとなと同じなの?


「子どもは大人のミニチュアではない」という言葉がありますが、
子どもはおとなを小さくした存在ではなく、その病気の特性も大人とは異なります。
また、大人と違って成長していく段階でかかる病気の性質も変わってきます。

小児科診療では、子どもの成長段階から見守るかかりつけ医の存在がとても大切です。
子どもの病気で多いのは上気道炎、気管支炎、肺炎などの呼吸器疾患、
胃腸炎などの消化器系疾患、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、などの皮膚疾患、
気管支喘息、食物アレルギーなどのアレルギー疾患、
麻しん(はしか)、風しん、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、
インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウィルス・ノロウィルス)、溶連菌感染症、などの感染症などがありますが、
適切な診断と治療で症状は改善できます。
専門的な知識と経験に基づき、お子さんにとって適切な医療を提供しています。

子どもは臓器がまだ未熟であるため、
大人とはまた異なる対応が必要です。
漢方治療で体質改善を行う場合も、何かを補うのではなく、
その子がもっている本来のチカラを引き出すように処方をします。

当院では小児科医と漢方に精通した内科医とが連携して、
目の前のお子さんにとって適切な医療を提供しています。
西洋医学よりも、東洋医学の方が好ましい場合には、
小児科医で全身管理を行いつつ、内科医が漢方調整を行い、
お子さんがトータルで元気になれるよう、取り組んでいます。

当院では、お子さんが成長して、大人になっても、
小児科から内科への連携もスムーズに行えます。
子どもも大人もずっとサポートできる、ファミリークリニックを目指しています。

体調不良の根本にある生活習慣の見直しも積極的に行い、
お子さんが大きくなった時に元気でいられるよう、サポートしています。


予防接種はやっぱり大事?


子どもは赤ちゃんの頃からお母さんのお腹にいる時にお母さんの免疫をもらいます。
体の中に病原体が入るとこの免疫という仕組みで病原体を攻撃します。
しかし、お母さんからもらった免疫も数か月すると消えてなくなってしまいます。

お子さんは成長する段階で様々な感染症にかかり、自分で免疫をつくっていきます。
保育園などでたくさんかぜをひきますが、これは免疫を鍛えるために必要な段階です。

かぜはワクチンで防ぐことができませんが、
はしかによる脳症、ポリオ、風疹による先天性風疹症候群など、
後遺症が残ったり致命的になりうる感染症は、
ワクチン接種により減らすことができるようになりました。
ワクチンを接種することで病原体に対する免疫を作り、
感染症にかかってしまっても軽く済むこともあるので予防接種は大切だと考えます。

副反応が不安で、ワクチン接種をためらわれることもあるかもしれません。
そんな場合には、ぜひご相談ください。
お子さんにとってのベストを一緒に考えていきましょう。


予防接種の種類や接種の時間帯は?


当院では必要なワクチンはほとんど全て接種する事ができます。
今は接種するワクチンの種類が昔に比べて多くなっています。
そのため、スケジュールをどうしたらいいのか、わからなくなってしまうこともあるかと思います。
接種の時期がわからないなどご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
ワクチンを途中まで接種したけど、今後どうしたらいいのかわからない場合も、相談に応じます。
お子さんにとってベストな接種スケジュールを一緒に考えていきます。

クリニックには、感染症の患者さんも多く来院されます。
そのため、感染防御の面から、予防接種は予防接種予約枠での接種をお勧めしています。
都合が合わない場合には一般外来時間で行いますが、
副反応への対応のため17時までにご来院ください。
また、予防接種による副反応は接種翌日に起こることもあるため、
1才未満のお子さんへの予防接種は、休診前日は見合わせています。

予防接種については、窓口受付もしくはお電話にて承ります。

TEL:052-800-1211

予防接種の種類

  • B型肝炎
  • ロタウイルス(当院ではロタリックスをお勧めしています)
  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • 二種混合
  • 四種混合
  • 不活化ポリオ
  • BCG(当院ではすでに開始しています)
  • 麻疹風疹混合(MR)
  • 水痘
  • おたふくかぜ
  • 日本脳炎
  • インフルエンザ

予防接種については、こちらもご参考にしてください。

日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」(外部リンク)
(日本版Vaccine information statement)

『KNOW★VPD!』VPDを知って、子どもを守ろうの会(外部リンク)

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日


乳児健診ってどんな健診?


赤ちゃんの成長過程で時期によってチェックしたい事柄を確認しながら
子育ての悩みを解決していきます。
具体的には、栄養状態や知能・運動能力を一緒に確認していきます。

健診では、
乳児健診(1か月児健診)のほかに、
9-10か月児健診、
その他、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、1歳半、2歳、3歳と
健やかな成長を見守りながら、丁寧にチェックしていきます。
健診で見つかった症状を早めに改善することで、
症状が重症しなくて済んだ事例もあります。

子どもはどんどん成長します。
成長段階によって、ママの悩みもどんどん変化します。
お子さんの「今」の状態をしっかり把握し、
小児科医と一緒に考えることで、
子どもの状態を深く知るきっかけにもなります。

なんでこんなことができないんだろう?と思っていたことが、
今後成長すればふつうにできることだとわかることで、
安心されるお母さんもみえます。
お子さんがのびのびその子らしく成長できるよう、お手伝いをしていきます。


当院は名古屋市の「乳児一般健康診査」実施医療機関になっています。
詳細は名古屋市のホームページでもご確認いただけます。

参考サイト:名古屋市ホームページ(外部リンク)

ホームへ戻る