今後の小児科の診療体制について

新型コロナ流行前の体制に戻していきます。

吸入・鼻吸いのルール変更について

解熱後24時間以内の吸入・鼻吸い処置は中止していましたが、今後は診察室でご相談ください。なお、鼻吸いは未就学児の方が対象ですので、ご理解ください。

小学生以上の風邪の方の診察について

小学生以上の方も診察室での診察を再開します。
コロナ・インフル罹患が判明している場合については、引き続き車内診察とさせていただく場合があります。

インフルエンザ検査について

  • 希望の方は予約時に「検査希望」のチェックを入れてください。
  • 検査後の結果待ちは車内でお待ちいただきます。
  • 未就学児については、抗インフルエンザ薬の供給が不安定なため、現在は処方が行えません。
    小学生以上については必要に応じて院外処方で対応させていただく場合があります。
  • コロナ同時検査は、検査キットの在庫状況により判断いたします。
    流通などの問題で検査キット不足の時には検査できない場合があります。
  • 小学生以上でコロナ検査希望・nodoca(インフルエンザAI判定機器)検査希望の場合は内科の発熱検査外来をご利用ください。

車内診察・待機について

希望される場合は引き続き車内診察にて対応します。
車内診察ではきめ細やかな対応ができないことをご了承ください。

医師はマスクをしないことがあります

親御さんもマスクなしで付き添いされる方が増えてきました。
小児科医師はコロナ流行前にはマスクなしで診療していたこともあり、そのような体制に戻していきたいと考えています。
本人・付き添いのマスクについては任意です。